医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

看護部について

看護部について

看護部長からご挨拶

看護部長 岩本 昭子
看護部長 岩本 昭子
認定看護管理者

羊ヶ丘病院看護部は、患者様、ご家族様に信頼される質の高い看護実践をめざしています。
患者様一人一人の思いを尊重し、治療の選択や手術後の回復を支え、退院支援を行います。
さらに、療養環境を適切に整え、ケアを提供する看護部職員の豊かな人間性と倫理観の育成に努めてまいります。

看護部理念・目標

安全で安心できるあたたかい看護を追求し提供します。

  1. 患者様、ご家族様の個別性を尊重し、わかりやすい説明と根拠に基づいたケアを提供します。
  2. 患者様のすみやかな回復と安心できる治療環境をつくるため、他職種や他施設との連携を強化します。
  3. 専門職としての誇りを持ち、医療、福祉の変化に対応できる柔軟性とチャレンジ精神を養います。

「7対1」看護

当院では、患者様やご家族の方に信頼され、安心して医療・看護が受けられる病院づくりを推進しています。特に看護体制を充実させ、「7対1看護体制」の施設基準を取得、平成26年10月1日より実施しております。
「7対1看護配置」とは、入院患者様7人に対して、常時看護師1人以上を配置するというもので、従来の「10対1看護配置」よりも手厚い看護体制となります。
高度医療への対応、医療安全の確保を図り、より安全で信頼できる看護の提供が可能となりました。
今後も、専門性の高い看護師の育成強化を進めるとともに、安全で安心される看護の提供に努めてまいります。

  • 外来のご紹介
  • 3階病棟のご紹介
  • 4階病棟のご紹介
  • 手術室のご紹介

委員会活動

医療安全管理委員会

医療安全指針

当院は医療安全委員会および医療安全管理室を設置して、医療安全管理体制の確立を図り安全な医療の遂行に努めます

指針の目的

この指針は医療行為における有害事象・再発防止対策ならびに発生時の適切な対応など、当院における医療安全体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とします

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院
医療安全管理室

感染対策委員会

羊ヶ丘病院感染管理指針(抜粋)

患者及び全職員、訪問者に適切かつ安全で質の高い医療環境を提供するため、感染制御の対策に取り組むための基本的な方針を以下のとおり定める。

羊ヶ丘病院(以下「当院」とする) の理念

われわれ医療従事者には、患者の安全を確保するための不断の努力がもとめられている。
医療関連感染の発生を未然に防止することと、ひとたび発生した感染症が拡大しないように可及的速やかに制圧、終息を図ることを感染対策委員会及び感染対策チームにおいて努力してまいります。羊ヶ丘病院(以下「当院」とする)においては、本指針により院内感染対策を行う。

1. 病院感染対策に関する基本的な考え方

1-1. 基本方針
  • 全職員は病院感染対策マニュアルを遵守し、常に標準予防策と場合によっては適切な感染経路別予防策を実践する。
  • 当院に関わるすべての対象者(患者、患者の家族、職員、訪問者など)を病院感染から防御するべく、感染管理組織を整備し、サーベイランス※2を核に感染管理プログラムを作成・実行する。
  • 病院感染が発生した事例に対しては、速やかに情報収集と対応を行い、感染対策上の問題究明に努め、これを改善策の立案と実行を図る。

以上の基本姿勢をもとにした病院感染対策活動の必要性と重要性を全部署および全職員に周知徹底し、院内共通の課題として積極的な取り組みを行う。

1-2.本指針の策定

本指針は感染対策委員会の議を経て策定したものである。また、感染対策委員会を経て適宜変更するものであり、変更に際しては最新の科学的根拠に基づき策定するよう努める。

医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院
感染防止対策部門

病院のご案内

病院のご案内

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介

最上部に戻る