医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

 

アスリートの股関節障害(グローインペイン)

アスリートの股関節痛に対する治療

アスリートの股関節障害(大腿骨寛骨臼インピンジメント)大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)に代表される、アスリートの股関節障害が注目されています。2012年より股関節鏡手術を道内に先駆けて導入し治療を行なってきました。手術件数は400件を越え、道内のみならず本邦でもトップレベルの手術経験を有するようになり、レクリエーションレベルからトップアスリートまで多くの選手の競技復帰のお手伝いをしてきました。

  1. 専門の理学療法士と共同で股関節機能評価を行い、股関節痛の原因を探索し、まずは質の高いアスレティックトレーニングを行ないます
  2. 手術治療を要する場合には、股関節鏡手術を行ないます。1cm程度の傷数カ所で手術を行なう低侵襲手術ですので、入院は3日程度と早期の社会復帰が可能です。
  3. 術後も専門の理学療法士によるトレーニングを継続し、競技復帰までサポート致します。
  4. 術後約2週間で、競技復帰が可能です。

野球、サッカー、バスケットボール、アイスホッケーのみならず他の競技の選手でも、股関節に痛みや違和感がある場合には一度ご相談下さい。最近では、クラシックバーレーや新体操などの選手にも同じような障害があることが解ってきました。楽しく競技を継続するためにも早期発見、早期治療が必要です。

当院のアスリートの股関節障害の治療

  • 股関節鏡手術による低侵襲治療を実践します。
  • 本邦でもトップレベルの症例数を有します。
  • 高水準のパフォーマンスの”超”早期回復を目指します。

 

股関節の痛みでお困りのアスリートの皆さまへ

当院では、練習や競技中の股関節の痛みで困っているアスリートの皆様からのご相談をお受けしておりますので、下記リンクより、メールにてお気軽にお問合せ・ご相談ください。

股関節

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介

最上部に戻る