医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

ノルディックウォーキング

治療院患者様専用 診察申込用紙

医師も推奨!!ノルディックウォーキングを一緒に楽しみませんか?

羊ヶ丘病院では、地域の皆様との交流、健康増進を目的にノルディックウォーキングを実施しています。足腰への負担が少なく、無理なくできるフィットネス「ノルデッィク・ウォーキング」を一緒に楽しみませんか?
参加は無料、専用ポールは貸し出します。随時、ご参加を受付ております!

私は3年前にノルディックウォーキングを始め、すっかりその魅力にハマってしまいました。今でも忙しい合間を縫ってできる限り歩くようにしています。お蔭さまで始める前に比べ体重は10キロ減ってスリムになり、カラダの調子も良くなりました。健康増進のため、皆さんも是非、始めてみませんか?

スマイル♪NW通信

ノルディックウォーキングとは?

ノルディックウォーキングは、2本のポール(ストック)を使って歩行運動を補助し、運動効果をより増強するフィットネスエクササイズの一種で、オールシーズン出来るスポーツです。

  • このような方にオススメ!! こちらをクリック
  • 期待される効果 こちらをクリック

ノルディックウォーキングとは?

募集要項

ノルディックウォーキング 講師紹介

卓田 由紀江

ノルディックウォーキングスクール
「サッポロノースウォーカー」代表

卓田 由紀江(たくた ゆきえ)

資格
  • 日本ノルディックウォーキング協会公認上級インストラクター
  • 北海道ノルディックウォーキング協会公認インストラクター
  • 日本赤十字社水上安全法指導員
  • 日本体育協会公認水泳インストラクター
  • JLA日本ライフセービング協会サーフライフセービングベーシック
  • 札幌市消防局応急手当普及員 等
プロフィール

「スマイル♪ノルディックウォーキング」のインストラクターを担当。参加者の健康増進とノルディックウォーキングの普及に努めている。
また、ノルディックウォーキングスクール「サッポロノースウォーカー」を主宰し、個人レッスンを中心に指導を行なっている。また、羊ヶ丘病院の職員を対象とした水泳部のコーチもしており、プールでの水泳大会や海でのオープンウォーター競技大会への参加に向けたサポートも行っている。日本赤十字社の水上安全法指導員の資格を有しており、夏場にはライフセーバーとして札幌近郊海岸においてビーチパトロールに入ることもある。

歩く早さ、距離に応じて3クラス

ビギナー ゆっくり 2~3㎞ 所要時間1時間15分
スタンダード 普通 3~4㎞ 所要時間1時間30分

各クラス20名限定。初めてご参加の方は、ビギナークラスにご参加ください。

スケジュール

実施曜日 クラス スタート時間
毎週火曜日 ビギナー AM9:00~
スタンダード AM10:30〜
毎週水曜日 スタンダード AM9:00~
スタンダード AM10:45〜
毎週木曜日 ビギナー AM9:00~
スタンダード AM10:30〜
  • ※お一人様、週1回の参加でお願い致します。
  • ※スケジュールは状況に応じて変更することがあります。

参加対象

厚別区近郊にお住まいの健康な成人の方

  • ※術後のリハビリ中など、足腰や健康に不安のある方はご遠慮頂いております。

お問い合せ・ご予約先

参加ご希望の方は、必ず事前にお申込みをお願い致します。

電話:011-351-3313(羊ヶ丘病院 通所リハビリ・スマイル 担当:安部)

備考

  • 雨天荒天中止。
  • 体調を十分整えてお越しください。
  • 運動のしやすい服装と靴、手袋、水分をお持ちください。
  • 病院内駐車場は患者様の為となっておりますので、お車でのお越しはご遠慮願います。

このような方にオススメです!

何かスポーツをしたい方

何かスポーツをしたい方

無理なくはじめられ、過度の運動が出来ない方に効果的な全身運動は医学界でも注目されています。

体重が気になる方

体重が気になる方

メタボリックシンドロームに最適。場所や時間、季節を問わずウエイト・コントロールを始められます。

フィットネススポーツとして

フィットネススポーツとして

関節や膝に負担をかけず、エアロビ効果によるスタミナアップと同時に筋肉のバランスも調整します。

効率のよい運動効果を求める方

効率のよい運動効果を求める方

効果的な有酸素運動としてトレーニングメニューに。通常のウォーキングよりも30~40%も高いカロリー燃焼率が実証されています。

このような効果が期待できます!

オススメ1

90%の筋肉を使う全身運動

カラダ全体の90%の筋肉を動かし、1時間当たり約400kal(通常のウォーキング/280kal)を燃焼する全身運動です。

オススメ2

膝の関節、脊髄への負担を軽減

ポールの使用で膝の関節・脊髄への負担を約5㎏/歩軽減。
正しい歩行姿勢の場合は約8㎏/歩までの負担を軽減します。

オススメ3

年配の方々にもおすすめ

80代で始められた方もいらっしゃるように、ポールがバランス維持を助けてくれるので、体力や運動能力が特に優れていなくても、どなたでも始められます。

オススメ4

正しい歩行姿勢に

ポールを持って歩くことにより、歩行姿勢が正され、呼吸を整えます。またウエストや二の腕も細くなり、ヒップアップにも効果が期待できます。

オススメ5

長時間の歩行もラクラク

足首、膝、腰など下半身にかかる負担を軽減し、長い距離の歩行が可能になります。

オススメ6

ロコモ防止にも効果を発揮

加齢や生活習慣が原因で足腰の機能が衰える「ロコモティブシンドローム」の予防にもつながります。

ノルディックウォーキングを楽しむ前に

ノルディックウォーキングを楽しむ前に

ノルディックウォーキングは公共の道を歩くスポーツです。専用ポールは少ない負担で効果的な運動をするための便利な用具ですが、ご自身が思っている以上に、周囲の方へ危ない思いをさせている場合があります。
ポールを正しく使い、安全にノルディックウォーキングを楽しみましょう。

  • 普段の何気ない動作でもポールが大きく動きます。以下の動作を行う場合は人・物にぶつけないよう必ず手からポールを外して行いましょう。

    • 水分補給のとき
    • ベルトや靴ひもを直すとき
    • 荷物の出し入れをする際 など
  • ポールは指し棒ではありません。むやみに人や物に向かって掲げるのは危険ですのでやめましょう。

  • 譲り合いの心を忘れず、周囲の方々に対して思いやりを持って歩きましょう。

    • 狭い道では1列で歩きましょう。
    • 狭い道で人とすれ違う際には、ポールをすれ違う人の反対側に寄せて持ちポールが相手に接触しないように気をつけましょう。またその際、ポールが自分の足に当たってケガをしないようにもしましょう。
    • 急に横に飛び出したりすると、後方からやってくる自転車などにぶつかる可能性があり危険です。むやみに列から離れないようにしましょう。
    • 混雑した場所ではポールの使用は控えましょう。
  • ゴミは必ず持ち帰りましょう。

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング専門ショップ スマイリーウォーク

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介

最上部に戻る