医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

設備・トレーニング器具

当リハビリテーション科の施設のご案内になります。
当科は、427㎡のスペースをパッシブスペース、アクティブスペース、作業療法スペース、物理療法スペース、歩行練習スペース、評価スペースの6つに分けて行っております。
以下にそれぞれのスペースの説明をさせて頂きます。

パッシブスペース

他動運動を行うスペースになります。
患者様1人に1人のセラピストが付き、リハビリを行わせて頂きます。

アクティブスペース

自主トレスペース

自主トレを行って頂くスペースになります。
エアロバイクやトレッドミル、筋力トレーニングなど患者様自らが運動をして頂くスペースや、ストレッチ等を行うスペースとなります。

REDCORD(レッドコード)スペース

REDCORDを用いてのトレーニングなども行っています。

投球練習スペース

野球、バレーボール、テニス、サッカー等などのスポーツ障害に対しては、実際にその動作をして頂くスペースもご用意しております。

作業療法スペース

肩や肘、手関節、手指の障害に対して、治療を行うスペースとなります。

物理療法スペース

ホットパック、渦流浴、低周波や高周波治療器などの機器を用いて疼痛の軽減や筋力の促通を促す目的で行うスペースとなります。

歩行スペース

立つ事や歩くことが上手く出来ない場合は、平行棒の中で、手で身体を支えながら、歩く練習を行います。下肢(足)の骨折や手術後など、下肢への荷重(体重)をかけることが制限される事が良く有ります。その際の荷重練習に使用する体重計は、床に埋め込み式になっていて、段差がなく練習ができる為、平地を歩く様に練習が出来ます。

評価スペース

専用の部屋をご用意させて頂いております。
姿勢評価用の機器を取り入れ、姿勢の問題からくる障がいをみつける為に、治療前後での姿勢の評価を行います。

リハビリテーション 関連メニュー

リハビリテーション科

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介
羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック 外来リハビリ通院の患者様はこちら

最上部に戻る