医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

脊椎

ご挨拶

腰痛、肩こり、手足のしびれなどの症状でお悩みはございませんか?
これらの症状は「脊椎」に関連する疾患の症状です。

例えば、「腰痛がひどい」「坐骨神経痛で動けない」「歩いていると足がしびれてくる」といった症状は、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、椎体圧迫骨折など腰の骨(=腰椎:ようつい)の疾患が考えられます。

「手がしびれる」「肩から指先にかけ電気が走るように痛い」「箸がうまく使えなくなった」「階段を降りるのがこわくなった」「転びやすくなった」という症状は、頚椎症性脊髄症・頚椎椎間板ヘルニア・後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)・手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)など、頚(くび)の骨(=頸椎)や末梢神経の疾患が考えられます。

背骨(=脊椎)や神経が原因で起こる症状は他にも沢山あります。
気になる症状があった場合、年齢によるものと我慢せずに、まずは医療機関を受診することをお勧め致します。

医師

  • 井田 和功

    部長

    井田 和功プロフィールはこちら

    >
  • 脊椎とは

    脊椎とは

    「脊椎」とは、背骨を構成する一つ一つの骨のことです。
    背骨は頭からおしりにかけて、7個の「頚椎(けいつい)」、12個の「胸椎(きょうつい)」、5個の「腰椎(ようつい)」、5個の仙椎(せんつい)がひとかたまりとなった「仙骨(せんこつ)」、3~5個の「尾椎(びつい)」から成ります。

    「脊椎」と「脊椎」の間には「椎間板」という特殊な軟骨が存在し、クッションの役目を果たすとともに、背骨に動きを与えています。脊椎と椎間板が交互に積み重なり、一本の柱となって背骨(正確には「脊柱」)が出来上がります。「脊柱」は前からは真っ直ぐに見えますが、横から見るとゆるやかなS字状のカーブをしています。

    背骨は大きくわけて3つの働きがあります。
    第1に体を支える柱としての役割です。背骨がぐらついてくると体を支えることができなくなってきます。
    第2に「運動機能」です。これにより、体を前後左右に曲げることが出来ます。
    そして、もう1つ重要な働きがあります。1つ1つの脊椎に空いた穴が積み重なり脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれる長い管を形成し、その中に脊髄、馬尾、神経根などの大切な神経を入れ「保護」をしているのです。

    頭や体を支える大切な機能を持つ背骨に、加齢や病気による痛み・しびれ・麻痺が生じると、日常生活に大きな支障を引き起こします。

    どのような症状でお悩みですか

      疾患名
    頸(くび)の疾患 頸椎椎間板ヘルニア
    頸椎症性脊髄症
    頸椎症性神経根症
    頸椎後縦靭帯骨化症
    腰の疾患 腰椎椎間板ヘルニア
    腰部脊柱管狭窄症
    腰椎変形すべり症
    腰椎分離・すべり症
    腰椎変性側弯
    脊柱の変形 脊柱側弯症
    変性側弯症

脊椎

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介

最上部に戻る