医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

小児O脚

疾患の定義と原因

O脚で私の外来を訪れる年齢で最も多いのは1歳半前後です。
御両親や祖父母が心配されて連れてこられます。しかし、幼児は、みなO脚です。
成長の過程で自然に5歳ころまでに、大人と同じような軽度の外反膝に徐々に矯正されていきます。
従って、ほとんどのO脚は、心配がありません。
しかし、病的なO脚の原因は、さまざまですが、比較的頻度の高い病気が2つあります。
クル病とブラント病です。
クル病は、特徴的なレントゲン写真と血液検査により診断が可能です。しかし、ブラント病は、骨端症(膝の内側の成長障害)で、2歳までは生理的O脚との区別がつけられないことが多く、経過観察が必要です。
プラント病は、進行すると機能障害が残存する危険性が高くなりますので、プラント病は専門の医師による定期的な経過観察が大切です。

infant_bowlegs_1

放置していたらどうなるの?

  • ブラント病は年齢とともにO脚が進行します。O脚の進行とともに歩容の異常も目立つようになります。
  • 通常大人になる前に何らかの手術治療が必要になります。O脚変形は将来の 変形性膝関節症 の原因となります。

治療

レントゲンとMRI、CTで変形の程度および生理的O脚と、治療が必要な疾患とを鑑別することが必要です。
生理的O脚では、経過観察や早期の変形矯正を希望される場合には、夜間装具の装着をおこないます。
クル病では、採血結果に基づきビタミンD製剤の投与、夜間装具による変形矯正をおこないます。
また、初期では装具療法、stageが進行すると手術治療が必要になります。
適切な時期に適切な治療が行えれば、機能障害が出ない例がほとんどです。

infant_bowlegs_2

手術療法

当院では、創外固定器を使用して、変形の矯正と脚延長を積極的におこなっています。
延長期間中は入院していただき、その後は松葉つえを使用して歩いて退院します。
手術等にかかる費用は、年齢・収入により異なります。こちらをご覧ください。

手術後について

リハビリについて

小児の方が多数手術を受けられていますので、あらかじめ準備されたわかり易いプロトコールに従って、リハビリは進められますので心配はいりません。
経験豊富な理学療法士が親切に対応しています。

足・膝

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介

最上部に戻る