医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

鏡視下バンカート法

鏡視下バンカート法とは?

当院の岡村医師が1992年に北海道にはじめて導入した手術法です。
手術法に改良を加え、現在ではアンカー(糸つきビス)を用いる「鏡視下バンカート法」を行っています。
手術症例数は1000例を超え、現在ではほとんどの脱臼の手術をこちらの方法で行っています。
創が小さく、術後の回復も早いなど、特に肩を使うスポーツ選手(野球、テニス、バレーボール、水泳など)には復帰が早いというメリットがあります。
*当院の鏡視下バンカート法は、全国の講習会でその方法を講演、年に1回は海外で技術指導を行っています。

肩関節の中で、小さなお皿の部分にあたる「肩甲骨の関節窩(かんせつか)」に、アンカー(糸つきビス)を打ち込んで、靭帯や壊れた骨などを固定します。固定することによって、脱臼を修復します。

dakkyuu-image001

 

麻酔 全身麻酔
手術時間 約1時間
1cm程度の孔を3ヵ所
入院期間 2日~4日
費用 年齢・収入により異なります。こちらをご覧ください。
メリット
  • 最小侵襲手術(創が小さい手術)なので、手術中の出血が微量
  • 最小侵襲手術なので、健康で問題のない筋肉組織まで傷つけない
  • 創が小さいので、手術後の創痕が目立たない
  • 手術後の肩の動きに制限が少ない
  • 術後の回復が早いので、リハビリの早期開始、早期退院、早期社会復帰が可能
  • 肩を使うスポーツ選手(野球、テニス、バレーボール、水泳など)の復帰が早い
  • 野球を含めたスポーツ復帰もほぼ全例可能、再発率5%以下

小さな手術痕、手術後の装具

手術後の「リハビリ」と「社会復帰」について

手術の翌日からリハビリを開始し、3~4ヵ月(長い場合6ヵ月)行います。
はじめは毎日、その後隔日、そして週1日、と回数は減っていきます。
リハビリ方法はこちら

肩を使う競技のスポーツ復帰については、手術後3ヵ月までは肩のリハビリと下肢のトレーニングの実施、肩の可動域と筋力がかなり戻った手術後3ヵ月から少しずつ元の競技に復帰して練習を始め、手術後4~6ヵ月で完全復帰(試合復帰)が可能になります。下記に記載されております「手術後から治療終了までの流れ」および「日常生活・社会復帰の目途」についてはあくまで目安です。特にスポーツ等の復帰については、患者様の症状により個人差がありますので、必ず医師に相談の上行って下さい。

手術後から治療終了までの流れ

1日目(手術翌日) リハビリ開始、退院
手術7日目 装具の一部(横ベルト)除去
手術14日目 装具完全除去
手術後1ヵ月 日常生活制限なし
手術後4〜6ヵ月 治療終了

日常生活・社会復帰の目途

ジョギング 手術後1ヵ月から可能
ダッシュ・筋トレ 手術後2ヵ月から可能
テニス 手術後3ヵ月から可能
バレーボール 手術後3ヵ月から可能
水泳 手術後3ヵ月から可能
野球(投球) 手術後3ヵ月から可能

※各スポーツの試合復帰は6ヵ月要す

コンタクトスポーツ 基本練習は手術後3ヵ月から、手術後6ヵ月で試合復帰
車の運転 手術後3~4週間から可能
家事 手術後1ヵ月から可能
仕事の復帰
  • パソコン作業 手術後2~3週間から可(装具除去後から可能)
  • 事務職 手術後1ヵ月から可能
  • 運転手 手術後1ヵ月から可能
  • 介護職 手術後2ヵ月から少しずつ可能

 

肩・肘(スポーツ疾患)

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介

最上部に戻る