医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

肩関節反復性脱臼のリハビリテーション

肩関節反復性脱臼のリハビリの特徴

肩の脱臼は、スポーツ選手、特にコンタクトスポーツで多く発症する傾向にありますが、動きを取り戻すことや再発防止のためにも、トレーニングは欠かせません。

保存治療に対するリハビリ

損傷した組織の修復が得られるとこが第一選択となります。損傷した組織が生着することで、肩甲上腕関節の安定性が得られ、脱臼をしにくい状態になります。このため、ある一定期間固定装具を使用しての関節固定を行います。この期間中は、肩関節を動かすことができないので、それ以外の要素の機能が低下しないように、現状を維持するための運動が必要となります。

具体的には、肘関節の可動性の維持、肩関節周囲の筋力の維持になります。 固定期間終了後は、

1. 動きの獲得

2. 筋力の改善

を目的としたリハビリへと移行していきます。

reha-dis2reha-dis1

 

1. 関節の可動性(柔軟性)トレーニング

固定期間後は、関節が硬くなっている場合が多いので、その硬さを改善する必要があります。その方法は、いわゆるストレッチとなりますが、肩関節は、身体の関節の中でも一番自由度(動きの方向)が高い関節で、多方向への動きが必要となります。ご自分だけで行うことは難しいことが多いので、我々理学療法士や作業療法士がその改善にあたります(他動運動)。

他動屈曲

reha-dislocation2_1

ある程度、動きの改善が得られたら、ご自分での練習も行って頂きます(自動介助運動)。

介助屈曲

reha-dislocation2_2

2.筋力改善トレーニング

関節を脱臼から保護するために必要な要素は、軟部組織による安定性以外に、筋力になります。

肩関節外転・外旋位の強制が脱臼しやすい状況になりますので、内旋筋力の強化が必須となります。

また、急激な動きに対する反応性も重要な要素で、これは筋力ではなく神経-筋の連動性となります。

これら要素の向上が、保存治療でのキーポイントとなります。

内旋筋力強化

reha-dislocation3_1reha-dislocation3_2

反応性強化

reha-dislocation3_3

手術後療法

修復をした軟部組織の修復を最優先にしますが、不動による二次的な障害(廃用症候群)を予防することから始まります。

痛みと相談しながら、肩関節周囲の筋力低下予防のため、等尺性筋力強化(関節を動かさない状態で力を入れる)と 装具固定による肘関節の拘縮(硬さ)予防のため、関節可動域練習(関節を動かす)を翌日より開始します。

1.可動性(柔軟性)トレーニング

その後、肩関節の可動域練習を屈曲方向(バンザイ)から開始し、徐々に外捻り(外旋)、外開き(外転)運動を追加していきます。

2.筋力改善トレーニング

筋力強化は、等尺性のものから等張性(関節の動きを伴う運動)へと進め、 体側に近い肢位での回旋運動から腕を体側から離した肢位での回旋運動へと移行していきます。この際に、ゴムバンドを使用しながら負荷をかけて筋力強化を図ります。

具体的なトレーニングは、

保存療法の関節の可動性(柔軟性)改善トレーニングと筋力改善トレーニングと内容は変わりありません。

 

手術後の腕の使用

装具は、術後2週(装具の写真)で除去しますが、日常生活での腕の使用は、4週間は控えて頂きます。特に重量物を持つことは、修復した組織へのストレスが大きいので、避けて頂きます。

スポーツ復帰

スポーツ復帰は、手術後8週後から徐々に開始し、コンタクトスポーツは、6ヶ月後からとなります。この時のスポーツ復帰の条件は、十分な動きと筋力の獲得で、かつ脱臼肢位での不安感の消失となります。

手術後の装具

reha-rcsougu

肩関節反復性脱臼のリハビリのスケジュール

時期 リハビリの種類
手術前 手術前日に現在の肩の状態(痛み、関節の動き、筋力など)を評価します。
手術当日  なし
手術翌日 肩関節以外の部位の関節可動域練習痛みのない範囲での肩周囲の筋力トレーニング
1週後 肩関節他動関節可動域練習開始
2週後 装具除去
4週後 日常生活制限なし
2ヵ月後 軽いスポーツ活動開始
3ヵ月後 投球開始
4〜5ヵ月 コンタクトスポーツ開始

*スポーツ活動は、十分な関節の可動性と筋力が必要になります。

*再発防止のためにも、コンタクトスポーツ(ラグビー、サッカーなど)へ復帰は、肩の状態を確認しながら、 行って行く必要があります。

リハビリテーション科

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介
羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック 外来リハビリ通院の患者様はこちら

最上部に戻る