医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

投球障害(野球肩・肘)のリハビリテーション

投球障害(野球肩・肘)のリハビリの特徴

当院リハビリテーション科では、野球肩・肘を抱えた選手に対し、競技復帰に向けて積極的なリハビリを展開しています。

これまで小学生から社会人まで多くの野球愛好者に利用していただいております。  リハビリを受診される患者様の野球レベルは様々です。

草野球やレクリエーションレベルから、部活動、社会人、実業団などで全国大会を目指している方々までいらっしゃいます。

当院での野球肩・肘の患者さんに対するリハビリは、損傷した組織を修復するための手術後に行うリハビリはもちろんですが、手術を必要としない患者さんに対しても保存療法の手段としてリハビリを行っています。

リハビリの流れ

reha-flow

リハビリの大まかな流れとしては、痛みを抱える部位と痛みが起こる動作の確認をしたのちに、投球フォームや全身の評価を実施します。肩や肘に痛みを抱えている患者さんに対して、肩・肘だけのトレーニングのみを実施しても改善は得られません。

投球動作は、足、膝、股、腰(体幹)、肩、肘、手・指(つま先から手指の先まで)を使用した全身運動なので、当院では ”肩・肘以外の部位の評価が重要である”との考えのもとに、全身状態を診るように心がけております。

  • 問診
  • 肩・肘のチェック
  • 肩・肘以外の部位のチェック
  • 投球フォームチェック
  • リハビリ・トレーニング指導の開始

 1.問診(ヒアリング)

reha_baseball1

”痛みを抱える部位と発症状況”について確認します。

 

痛みを抱える部位は肩の前方?後方? 肘の内側?外側? 痛みは投球時のみ?

  • 1球目から?それとも最後の方で?
  • 投球後も持続?
  • グランドを離れた運動時以外でも痛みが持続?
  • 日常生活に支障を及ぼす? などなど

コッキング期?加速期?ボールリリース?フォロースルー?などなど

これらの内容は、病態や炎症の程度を推測するうえで大変重要な情報となります。

その他には、野球歴や現在の野球の活動頻度を確認します。

野球歴の短い選手と長い選手では、抱える障害が異なることがあります。

また、ポジションの確認なども行います。

さらに、野球肩・肘は、成長期に発生する障害と成人以降に発生する障害とでは異なる病態を呈するため、野球歴や活動頻度は大切な情報となります。  あわせてチーム事情や大会の進行状況なども重要な情報となります。

安静期間(ノースロー期間)を設けることが可能なのか、チームの指導者からの理解はどの程度得られそうか、なども確認します。

また、社会人の方々に関しては、仕事内容(デスクワーク?力仕事?)を尋ねることもあります。

2.メディカルチェック

●肩・肘関節周囲の関節可動域、筋力の評価

肩・肘関節に硬さや緩さが無いかチェックしています。 投球障害によって発症する関節可動域の制限、筋力の低下の有無を確認します。投球側の肩関節や肘関節の関節可動域、筋力が低下している場合もあるので 注意深く評価していきます。また、肩や肘に腫れたり熱を持ったり炎症症状を抱えていないかなども同時に確認します。

reha_baseball2-2

●肩・肘関節以外の評価

肩甲骨や体幹、股関節の可動性や周囲の筋力などをチェックしていきます。障害の原因が肩・肘以外に抱えていることは珍しくありません。 投球動作は足、膝、股、腰(体幹)、肩、肘、手・指(足のつま先から手指の先まで)  を使用した全身運動なので、肩・肘関節以外のチェックは大変重要です。

reha_baseball4-1

reha_baseball4-2

●股関節の関節可動域と周囲の筋肉(写真左上)

股関節の関節可動域と周囲の筋肉(ハムストリングス:太もも裏の筋肉)の柔軟性などを確認します。

●股関節の関節可動域角度(写真右上)

股関節の関節可動域(内旋・外旋)角度を確認しています。 無理な投球の繰り返しが原因で、股関節の内外旋角度の低下や異常を呈することがあります。

●下肢や体幹の安定(写真下段)

投球動作において、下肢や体幹が安定していないとボールに上手く力が伝わりません。下肢や体幹の安定が得られないまま投球動作を継続することは、肩・肘に無理な力が加わり 障害の原因となり得るため、肩・肘以外の部位も注意深く観察します。

 3.投球フォームチェック

reha_baseball3

実際に投球フォームをチェックします。

フォームチェックの際は、当院リハビリ室に設置されているネットに向かってボールを投げてもらいます。当院リハビリ室には、マウンドやプレートはありませんが、左右グローブと硬式・軟式各種ボールを用意しています。

代表的な評価項目

  • 肩の前方に無理なストレスが生じていないか
  • 肘が下がっていないか
  • 腕の振りに無理が生じていないか
  • 下半身は安定しているか
  • スナップは使えているか
  • その他

4.トレーニング指導

評価結果をもとに、個人にあった障害予防のためのトレーニング指導の開始です。罹患(りかん)部位に炎症を抱えている場合は、その部位の安静が指示されます。 可動域に制限が生じている関節には、軟部組織のモビライゼーションやストレッチが施されます。

しかし、当院でリハビリが処方される野球肩・肘の患者さんのほとんどが、肩・肘以外の部位にも痛みを引き起こす原因を抱えていることがあります。そこで、障害予防の観点から身体のメンテナンスの方法の習得を目的とした指導や、 筋力トレーニングの指導を実施しています。

 

●トレーニングの例

トレーニングプログラムの立案は選手の状態によって多岐にわたりますが、ここでは、その一部を紹介させていただきます。

 

●肩甲骨周囲のトレーニング

肩甲骨の安定化を目的とした僧帽筋(肩甲骨と背骨をつなぐ筋肉の一つ)のトレーニングです。投球障害を抱える選手には、投球側の僧帽筋の下部線維に弱さを認めることがあります。 うつ伏せにて写真のようにバンザイの状態を保持しながら、左右対称になるように努力します。

 

●体幹のトレーニング

体幹を安定させるためのトレーニングの一つです。肩の真下に肘を置き、頭・お臍・足を一直線になるように保持します。また、状態に合わせて上に位置する脚を開くなど、段階づけたトレーニングを実施することもあります。

reha_baseball6-1●バランスのトレーニング

下肢や体幹の安定を目的としたトレーニングです。 不安定な柔らかいクッションやマットの上に片脚で立ち、下肢や体幹がぶれないように保持します。

 

●肩関節のインナーマッスルのトレーニング

肩関節のインナーマッスルを鍛えるトレーニングです。ゴムチューブを使用します。 トレーニング中の肩・肘のポジションは、選手の状態に合わせて決定します。

reha_baseball6-2

 

●肘関節周囲の筋力のトレーニング

肘関節の安定化を目的としたトレーニングです。写真は肘の内側の筋トレです。ゴムチューブや鉄アレイを使用しながらトレーニングを実施します。

 

●スナップ動作のトレーニング

スナップ動作の改善を目的としたトレーニングです。肩・肘は動かさずに手首の動きのみでボールを床に向けて投げます。あらかじめ決めた目標点に向かってボールをリリースします。

reha_baseball6-3

肩関節周囲の筋力では、インナーマッスルの強化は一般的に強調されていますが、 もっと重要なのが肩甲骨を安定させるための周囲の筋力になります。そのため、肩甲骨周囲の筋力強化をしっかりとしていただきます。 また、体幹や股関節周囲の筋力強化などを個別の症状に合わせてプログラムが立案されます。

通院治療について

その後は、外来リハビリと医師の外来受診時に定期的にチェックを行い、治療方針の確認・見直しを実施します。

当院リハビリテーション科では、競技復帰に向けて全力で応援します!!

※当院では投球障害を予防するためのリハビリを実施します。これは、医学的知見から関節の異常や筋肉のバランスを取り戻すために行われるもので、技術指導とは異なりますので、あらかじめご了承ください。

 投球障害(野球肩・肘)のリハビリスケジュール

以下に例を示します.症状によってはスケジュールを遅らせたり多少の個人差はあります。


*術後のリハビリには患者さんの協力が必要です。

*通院時には患者さんに自宅で行うエクササイズの指導を実施します。指示された内容を守り無理の無い範囲でエクササイズを実施して下さい。

*競技復帰へ向けて障害予防の観点からフォーム指導も実施します。

 

●関節唇修復術の場合

時期 リハビリ
手術前 関節可動域や筋力の測定,フォームチェックなどを実施します
手術翌日 リハビリ開始です。基本的には肩を固定する装具を着用します。痛みに応じて肘の運動などが始まります。
1週後 リハビリ職員が肩関節を動かし始めます。
2週後 装具除去です。
3週後 腱板筋力のトレーニングが始まります。
6週後 日常生活制限なし
2ヵ月後 軽いスポーツ活動開始
3ヵ月後 投球練習開始(症状にあわせて徐々に負荷を上げていきます)

 

●離断性骨軟骨炎の場合

時期 リハビリ
手術前 関節可動域や筋力の測定,フォームチェックなどを実施します。
手術翌日 リハビリ開始です。基本的には肘を固定するシーネを着用します。痛みに応じて手指の運動,肩の運動から開始します。
1週後 シーネ固定を除去します。リハビリ職員と肘の曲げ伸ばしを始めます。患部に負担のかからないように肩周りの運動が始まります。
4週後 手・肘・肩の筋力トレーニングの開始です。
2ヵ月後 学生さんは自転車での通学が許可されます。
3ヵ月後 シャドーピッチングを開始します。
4ヵ月後 投球練習開始(症状にあわせて徐々に負荷を上げていきます)

リハビリテーション科

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介
羊ヶ丘病院付属リハビリクリニック 外来リハビリ通院の患者様はこちら

最上部に戻る