医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 整形外科リハビリテーション科

  • 大きくする
  • 標準

診療・予約に関するお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

  • リハビリ直通
  • スマイル直通
  • 代表

関節鏡下手術による腱板修復術

関節鏡下手術による腱板修復術とは?

qaShoulderPix005

当院の岡村医師が日本でいち早く1992年に北海道に導入した内視鏡を使用した手術で、創が小さく術後の回復も早いなどメリットが多く、高齢者でも負担が少ない手術方法です。
関節鏡下手術は4~5ヵ所ほどの孔から内視鏡や手術器具を挿入し、断裂した腱をつなげる術式です。(※図1)
「アンカー」という糸つきビスを利用し、骨にアンカーを差し込み、そのアンカーについている糸を断裂した腱に通し上腕骨にしっかりと縫合します。手術中に使うアンカーは、直径約5mmのプラスチック製 または 生体内で吸収される素材(PLLA)で一生抜く必要はありません。(※図2)

qaShoulderPix006 qaShoulderPix007

 

qaShoulderPix008最近では、より強固な腱固定のため、従来1列または2列であったアンカーを3列にして腱板縫合を行うTriple-row修復を行っています。(※図3)使用するアンカーの数(1~6個)は、断裂の大きさによって変わります。
また、腱板修復と同時に、修復した腱板がこすれないように肩峰にできた骨の出っ張り(骨棘)も関節鏡で切除します。(※図4)qaShoulderPix009

 

 

 

 

 

麻酔 全身麻酔
手術時間 30分~60分
1cm程度の孔を4〜5箇所
入院期間 通常9日間
※入院期間が短くご心配な場合は、後方支援病院をご紹介致しますのでご安心下さい。
費用  年齢・収入により異なります。こちらをご覧ください。

関節鏡手術動画(肩腱板断裂)

関節鏡下手術のメリットは?

  • 最小侵襲手術(創が小さい手術)なので、手術中の出血が微量
  • 最小侵襲手術なので、健康で問題のない筋肉組織まで傷つけない
  • 創が小さいので、手術後の創痕が目立たない
  • 装具による固定期間が短い
  • 術後の回復が早いので、リハビリの早期開始、早期退院、早期社会復帰が可能
  • 高齢者の方でも負担が少ない

内視鏡を使わずに、皮膚を大きく切り肩を開いて行う一般的な手術は、正常な筋肉をはがして行うため、腱板断裂の治療なのに、健康で何の問題もない筋肉組織まで傷つけてしまうことになり、身体的な負担が大きく、術後の装具固定期間も長く、リハビリにも時間がかかります。
当院で行っている関節鏡下手術では、1cm程度の小さな孔を4~5ヵ所あけるだけなので、健康な部分の侵襲も最小限で済みますし、術後ほとんど創は目立ちません。(※図5)
術後の回復も早く、手術翌日からリハビリを行い、装具による固定(※図6)も2~3週間で、入院期間も短くて済みます。
当院では、保存治療でも改善しないために手術を行う症例に対してはすべて関節鏡下手術を実施しています。
これまでの症例で最高齢は94歳です。このような高齢でも負担が少ないため、治療が可能です。

手術創
qaShoulderPix010

肩の安静のために術後に装具固定をします。
qaShoulderPix011

手術後の「リハビリ」と「社会復帰」について

手術の翌日からリハビリを開始し、3~4ヵ月(長い場合6ヵ月)行います。
はじめは毎日、その後隔日、そして週1日、と回数は減っていきます。

qaShoulderPix012下記に記載されております「手術後から治療終了までの流れ」および「日常生活・社会復帰の目途」についてはあくまで目安です。特にスポーツや仕事等の社会復帰については、患者様の症状により個人差がありますので、必ず医師に相談の上行って下さい。

リハビリ方法はこちら

 

 

手術後から治療終了までの流れ

1日目(手術翌日) リハビリ開始
手術7日目(入院9日目) 装具の一部(脇まくら)除去し退院
手術14日目 装具完全除去
手術後1ヵ月 日常生活制限なし
手術後4〜6ヵ月 治療終了

日常生活・社会復帰の目処

車の運転 手術後3~4週間から可能
家事 手術後1ヵ月から可能
仕事の復帰
  • パソコン作業 手術後2~3週間から可能(装具除去後から可能)
  • 事務職 手術後1ヵ月から可能
  • 運転手 手術後1ヵ月から可能
  • 介護職 手術後2ヵ月から少しずつ可能
  • 重労働 手術後4~6ヵ月から可能
軽いスポーツ 手術後2~3ヵ月から可能(完全復帰は4~6ヵ月要す)

肩・肘(スポーツ疾患)

外来医師担当表・休診日

一般外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

専門外来

  • 今月
  • 翌月

※翌月分は毎月10日前後に更新

書類が表示できない場合は、Adobe Reader(無料)をインストールしてください。Adobe Readerは以下のページからダウンロードが可能です。

GET Adobe Reader

  • 受付・診療時間
  • 医師紹介

最上部に戻る